2015年09月18日

「代打・ルーキー岡本」は正解だったのか G原采配にチーム内にも違和感…

夕刊フジ 9月18日(金)16時56分配信


 逆転優勝を狙うシーズン終盤で、セ・リーグ3位・巨人が勝負どころで送るべき代打はドラフト1位ルーキー岡本和真内野手(19)でいいのか。

 今季最後の広島遠征となった15日は0−1の零封負け。16日朝、原監督は広島空港で前夜の采配を振り返った。

 最大の得点機は8回1死一、三塁。好投の菅野への代打に選んだのは岡本だった。ベンチには高橋由、亀井、アンダーソン、堂上ら実績のある打者が控えていたが、いずれも左打ち。対左腕ジョンソンということで右打者には加藤もいたが「使いたくなるものを持っている。そういうのは大事」と評していた高卒ルーキーに託した。

 指揮官からの「走者を気にせず思い切っていけ」との助言に従い、岡本は2球目で痛烈なファウルを右翼線に放ったが、二ゴロ併殺打で好機を潰した。それでも原監督は「ファーストストライクからいけている。堂々と立ち向かったなという印象」と及第点。この日も「心拍数も上がっていなかった」と新人離れした落ち着きをほめた。

 だが夕刊フジ評論家の須藤豊氏は「岡本を使うというなら先発だ。代打で使っても仕方ない。1軍は育成の場ではない。シーズン大詰めの段階で、来季を考えた起用はあり得ない」と疑問を呈する。

 原監督は「岡本を育てようと思ったわけじゃない」と実力本位の起用を強調したが「(高橋)由伸、亀井あたりを出して(左打ちの次打者)立岡で岡本もアリだな、と後で思った」。高橋由は代打では打率・382を誇り、対左の打率も・278と対右の・270より高い切り札的な存在だが、今季後半はここ一番で別の打者が優先されるシーンが見られる。右のとっておきの代打として、昨季は終盤の天王山でも活躍した井端は、岡本にかわり2軍に落ちている。

 チームが軌道に乗れない中、ナインからは「代打を出す順番が違うんじゃないか」「岡本を上げるにしても、井端さんを落とすのはあり得ない」といった声がくすぶる。須藤氏は「選手は敏感だ。ベストメンバーで臨み、一番有効な手を打っているのかをよく見ているし、それに反して負ければチームワークに関わる」と警鐘を鳴らす。 (笹森倫)


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 19:12| Comment(0) | 原采配に一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

【巨人】岡本あ〜併殺 8回好機で凡退も原監督「堂々と立ち向かった印象」

スポーツ報知 9月16日(水)7時4分配信

◆広島1―0巨人(15日・マツダスタジアム)

 黄金ルーキーへの大歓声は一瞬にして、ため息に変わった。1点を追う8回1死一、三塁で、岡本が菅野の代打で登場。2ボール1ストライクからジョンソンのカットボールにバットの芯を外され、二ゴロ併殺打に倒れた。1ボールからの2球目に右翼線へ痛烈なライナーをはじき返すもファウル。「ファウルだから意味ないです。チャンスで打ちたいと思っていました」と唇をかんだ。

 相手が左腕だったとはいえ、ベンチには左の高橋由、堂上が残っていた。代打でプロ初ヒット初アーチを放った5日のDeNA戦(横浜)から2打席連続ヒット中だったルーキーの思いきりの良さを買っての抜てきだった。

 14日に「使ってみたくなる選手だよね」と話していた原監督は、岡本が打席に向かう前に「ランナーを気にしないで思い切り打っていけ」と耳打ち。結果は凡退だったが「ファーストストライクから振っていけているし、堂々と立ち向かったという印象だね」と積極性を評価していた。

どうして高橋由、堂上でなかったのかが謎だ!!!

レギュラーが打てないジョンソンに1年坊主がうてるわけないだろう!!!

原采配がわからん!!!

posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 14:27| Comment(0) | 原采配に一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

あり得ないぜ! 村田に代打!!!

なぜ村田を冷遇するのか!?

村田を外して優勝なんてありえない!!!

原は優勝をあきらめたのか!!!

今年で監督辞めるのかな?


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 20:17| Comment(0) | 原采配に一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする