2017年04月26日

森福二軍落ちで総崩れ…巨人26億円FA補強“失敗の元凶”

日刊ゲンダイDIGITAL 4/25(火) 15:22配信

 大補強が崩壊した。

 FAでソフトバンクから移籍した巨人の森福允彦(30)が24日、出場選手登録を抹消された。今季はこれまで7試合に登板し、0勝2敗、防御率5.40。対右打者の被打率.389、変則左腕だけに抑えないといけない対左打者も.400では苦しい。勤続疲労が色濃い山口鉄に代わり、勝利の方程式入りが期待されたが、高橋監督に再調整を命じられた。

 巨人は昨オフ、この森福とともにDeNAから山口俊(29)、日本ハムからは陽岱鋼(30)を獲得。同一年に3人のFA選手と契約するのは史上初のことで、「空前の大補強」と騒がれた。が、山口俊と陽はすぐに肩と足の故障が発覚し、キャンプから二軍と三軍でくすぶったまま。いまだに一軍復帰のメドすら立っていない。森福の二軍落ちで、今季の目玉だった「FA3人衆」が誰も一軍にいないという異例の事態に陥った。

■OB高橋善正氏は「調査不足」を指摘

 ちなみに、3人の給料は陽の5年総額15億円超を筆頭に、山口俊が4年総額8億円、森福が2年総額3億円超で、しめて26億円超。こんなバカなカネの使い方もあるまい。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏が呆れる。

「フロントの調査不足ですよ。山口俊は昨秋のクライマックスシリーズの登板を右肩痛で回避している。当然、事前に念入りに調べてしかるべきですが、春のキャンプのメンバーを発表した際、最初は二軍メンバーに入れながら、直前にリハビリ組の三軍に変更している。球団が本当の症状を把握していなかった証拠でしょう。陽岱鋼だってそうです。足の故障は、恐らく日本ハム時代からでしょう。13年に47盗塁でタイトルを獲得してから、盗塁数は20、14、5と目に見えて激減している」

 そうでなくてもこの3人、30億円の大枚をはたいてまで獲得するほどの選手ではない、という意見が当初からあった。

「陽はこれまで一度も3割をマークしておらず、山口俊は2ケタ勝利を挙げたのが11勝(5敗)をマークした昨年の一度だけ。森福だって最近は、セットアッパーというより、ワンポイントという役割しか与えられていなかった。3人ともに全盛期を過ぎているのは明らかで、フロントの『目利き』という点においても大いに疑問が残ります」(前出の高橋氏)

 実際、ソフトバンクの工藤監督は昨季、森福を主に対左打者限定のワンポイントで起用。15年に右打者に対し、・458と打ち込まれたことで、セットアッパーから“格下げ”されていた。

■「手段」が「目的」に

 そもそも昨年、巨人周辺では、首位広島の背中が遠くかすみ始めた夏場すぎから、陽や山口俊、森福とは違う名前が、オフのFA補強候補として取り沙汰されていた。

「西武の岸(現楽天)、オリックスの糸井(現阪神)を投打の目玉補強として狙っているという話でした。中日の大島、3年越しの恋人となる楽天の嶋の名前なども浮上しましたが、その時点でいずれも苦戦必至という見方があった。岸はFA権行使なら地元仙台の楽天が有力とされ、糸井も在阪球団希望という情報が流れていましたからね。大島の去就は折り合いの良くなかった落合GMの去就次第と流動的で、嶋は楽天が早くから残留を要請しているという事情がありました。そういう状況の中で、渡辺主筆のあの発言があったわけです」(球界関係者)

 昨年7月7日、高橋監督からシーズン前半戦の中間報告を受けた読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(90)は、その足で東京ドームでの阪神戦を観戦。0−6で完敗し、広島とのゲーム差が10に広がると、「これは由伸の責任じゃねえな。フロントだよ。補強してないんだから。こんな補強をせずに、今の陣容で勝てと言ったって無理だよ」と取り囲む報道陣に話したのだ。

「渡辺主筆にここまで言われたら、フロントとしては大補強に打って出ざるを得ません。はやりの言葉で言えば、渡辺発言を『忖度』した結果が、過去に例のないFA選手を3人も獲得するという球界史上初の大補強になったのではないか。本命候補の補強が不調に終わり、故障持ちの陽や山口俊に触手を伸ばしたのは、補強が『手段』ではなく『目的』になってしまったからですよ」(前出の球界関係者)

 なるべくしてなった、史上最“凶”の補強のようである。

posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 08:43| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

巨人・菅野、初戦は防御率7点台の鬼門。未勝利の中日、王者・広島相手に鍵となる存在は?【セ・リーグ第2節展望】

ベースボールチャンネル 4/4(火) 13:00配信

 2カード目の今節はいよいよ、侍ジャパンとして世界と戦った菅野智之投手(巨人)や藤浪晋太郎(阪神)らが先発する。打撃は3試合終了時点で3チームが30安打以上をマークするなど、今季もやはり大混戦となりそうだ。

菅野は最も苦手な横浜スタジアムで勝利を収め、勢いに乗れるだろうか。


待たれる4番筒香の復活

DeNA ― 巨人 14勝10敗1分 横浜

 開幕カード1勝2敗と負け越した横浜DeNAベイスターズ。8月11日以降読売ジャイアンツ戦6連勝中のDeNAは連勝を伸ばせるか。

 初戦は今永昇太が先発する。昨季はルーキーイヤーながらもレギュラーシーズン22試合、ポストシーズン2試合に先発し8勝。今季は井納翔一、石田健大とともに先発3本柱の一人として期待されている。本拠地開幕戦を白星で飾り、勢いをつけたい。

 3戦連続安打と2番の梶谷隆幸、3番ホセ・ロペスが好調だ。2人の対巨人戦打率は、梶谷打率.353、ロペス.330と、両者とも同カードを最も得意にしている。キーマンは、開幕カードでは1安打と本調子ではない筒香嘉智だ。4四球と警戒されてはいたものの、まだ筒香らしさが見えていない。4番の打棒復活が待たれる。

 オープン戦ダントツ最下位と心配されていた巨人は、開幕カード3タテとさすが11年連続Aクラスといった戦いを見せた。

 2カード目初戦は、日本のエースとして奮闘した菅野智之がマウンドに上がる。WBCでは悔しい思いをすることが多かった菅野の今季にかける想いは強そうだ。2017シーズン初戦は防御率4点台と最も苦手にしているDeNA、しかも7.27と最も苦手としている横浜スタジアムでの対戦だ。チームの連勝を伸ばせるか、それとも悪いイメージを払しょくできぬままシーズンに入っていくのか注目だ。

 打線は3番の坂本勇人、4番の阿部慎之助が絶好調だ。特に2000本安打達成が期待される阿部に3試合で2本塁打が出るなど、20本塁打以上マークしそうな勢いさえ見えてきたことは超朗報だろう。ただ、いつまでも阿部頼りではなく、若手が出てきてほしいという気持ちが同時に浮かぶのも事実だ。シーズンはまだ始まったばっかりだが、中井大介が12打席中5出塁と1番として機能している点など“新化”が見られる2年目の高橋由伸監督率いる巨人。どうなっていくのか楽しみだ。

201704041.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 17:32| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

巨人 山口獲りへ背番号「11」用意

東スポWeb 11/10(木) 16:46配信


 巨人が国内FA権の行使を表明したDeNA・山口俊投手(29)の獲得に全力で乗り出す。球団は右腕が8日に宣言の決意を固めたのを受けて、準備を本格化。交渉解禁となる11日にも、即日アタックする準備を進めている。

 山口は権利行使を表明した8日の会見で「チームへの愛着はある。残留したい気持ちも強いが、選手である以上評価も大事にしたい。できるだけ早く納得できる判断ができれば」と語ったが、涙を流したところを見れば、退団の意思は固まっているとみていいだろう。

 DeNAは現状年俸8000万円(推定)の山口に対し、異例の宣言残留も認めた上で、3年総額5億円を超える条件を提示している模様だ。ただ、マネーゲームになれば、有利なのは巨人。DeNA以上の破格条件を提示して、右腕を口説き落とすつもりでいる。

 さらに金額面だけではない“決め手”を準備していることも判明した。チーム関係者が「クルーズの背番号を変更すると聞いている。山口のために(山口がDeNAでつけていた背番号でもある)『11』を空けるんだろう」と明かした。

 クルーズに11番を与えたのは、本人の希望に沿ってのものだったが、助っ人の評価は終盤の“造反騒動”で急落している。本人が謝罪の意思を示していることから残留は濃厚なものの、背番号変更に異を唱えられる立場にはなく、素直に受け入れるとみられる。

 巨人は山口のほか、同じくFA権行使を表明しているソフトバンク・森福の獲得交渉にも乗り出す方針。久々のFA市場全力参戦で、まずは投手ダブル獲りを目指す。


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 22:35| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする