2017年10月12日

【巨人】菅野、セでは村山実以来51年ぶりの「17勝以上&防御率1・60未満」

10/12(木) 7:51配信

 2017年ペナントレースはセ・パともにレギュラーシーズンの全日程が終了した。今年も様々な記録、快挙が達成された中、巨人・菅野智之投手(28)が安定感抜群の投球で球史に名を刻んだ。

 菅野は今季25登板、17勝5敗、防御率1・59で初の最多勝と3度目の最優秀防御率を獲得した。「17勝以上&防御率1・60未満」は、13年の田中将大(楽天=24勝0敗、防御率1・27)以来。セ・リーグでは66年の村山実(阪神=24勝9敗、防御率1・55)以来51年ぶりの快挙だった。

 菅野は25登板すべて先発し、セ最多の6完投(4完封)。7イニング以上投げたのが20度。うち17度が1失点以下だった。セ・リーグは昨年、今年と2年連続で2ケタ完投球団なし(最多は巨人の9)。リーグ合計34完投は08年セの41完投を下回り、2リーグ制後の両リーグ最少完投数だったが、そんな中で巨人のエースとして自己最多の187回1/3と長いイニングを投げてチームを支えた。

 4月下旬からは斎藤雅樹以来、球団28年ぶりの3試合連続完封勝利をマークし、防御率のタイトルは自身3度目。3度以上獲得は史上9人目。入団5年目までに3度獲得は56〜58年の稲尾和久(西鉄)以来59年ぶりで、セ・リーグでは初めて。入団5年で通算126登板、884回1/3を投げて通算防御率は2・18だ。


201710121.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 17:20| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

【巨人】菅野、8回途中降板もリーグトップ&自己最多タイ13勝目「足がつってしまった…」

8/19(土) 17:16配信 スポーツ報知

◆巨人6―1DeNA(19日・東京ドーム)

 巨人・菅野智之投手(27)が19日のDeNA戦(東京ドーム)で7回1/3を3安打1失点に抑え13勝目を挙げた。

 13勝は新人時代の2013年に並ぶ自己最多タイで、リーグトップとなった。

 3回2死に桑原に左翼席バルコニー席に運ばれる13号特大弾を浴びたが、4回2死から4連続三振を奪うなどギアチェンジ。6回1死二塁では柴田、筒香を連続四球を与え満塁としたが、ロペスを三ゴロ併殺に仕留め切り抜けた。

 8回1死で倉本の一ゴロで一塁ベースカバーに入った際に異変を訴え降板したが、2番手・マシソンが後続を抑えた。

 菅野は「(降板は)足がつってしまっただけなので、大丈夫です」とお立ち台で苦笑いを浮かべた。「先制点を取られたけど、粘り強く次の1点をやらないと、いつも通り投げることができた」と話した。マギーの援護弾には「ここ最近、打線も調子いいので心強いです。負けていい試合は1試合もないので、先頭に立って頑張って行きます」。連勝で3位・DeNAとのゲーム差を3に縮めた。真夏の反攻へエースの踏ん張りは欠かせない。

201708192.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 17:26| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

巨人・菅野で異論なし! “覚醒”DeNA・桑原、初受賞なるか?<セ・リーグ月間MVP予想>〈dot.〉

8/1(火) 16:00配信 AERA dot.


 観測史上最多タイとなる月間8個の台風が発生した7月。オールスターを挟んだ夏到来のペナントレースを“熱く”沸かせた男は誰か?今回は7月のセ・リーグ月間MVPを予想したい。

【セ・リーグ投手部門】
菅野智之(巨人)
 異論なしだろう。7月無傷の4連勝を飾った菅野智之(巨人)の受賞が確実だ。

 7月5日の広島戦(マツダ)、11日のヤクルト戦(東京ドーム)、そして後半戦開始後の22日のDeNA戦(横浜)、29日のDeNA戦(東京ドーム)と4試合に先発して4勝0敗、防御率0.31。29日のDeNA戦の8回1死1、3塁から、ロペスに対して今季初の暴投で1失点。惜しくも昨年4月以来自身2度目の月間防御率0.00の偉業達成は逃したが、7月は計29イニングを投げて1失点のみでイニング数を上回る30奪三振に、わずか3四球。余裕たっぷりの内容でチームを勝利に導いた。

 このハイパフォーマンスで、勝ち星をハーラー単独トップの11に伸ばし、防御率もチームメイトの田口麗斗を抜いてリーグトップの防御率1.99。2014年3・4月、2016年3・4月に続き、今年の5月にも2度の完封を含む3勝を挙げて自身3度目の月間MVPに輝いた菅野だが、自身通算4度目&自身初の1シーズン2度目の表彰もほぼ間違いなし。日本のエースは、夏場を迎えてさらに凄みを増している。

【セ・リーグ打者部門】
桑原将志(DeNA)
 ハマのリードオフマン、24歳の桑原将志(DeNA)が7月の月間MVPの最有力候補になっている。

 まさに“覚醒”と呼ぶにふさわしい1カ月だった。6月を終えて打率.255だった男が、7月1日の巨人戦(東京ドーム)で6号ソロ&7号満塁弾を放つと、翌2日も3安打猛打賞をマーク。7日からの中日戦(ナゴヤドーム)でも2試合連続本塁打&猛打賞を含めて3試合で8安打の大暴れ。19日のヤクルト戦(横浜)で月間5度目の猛打賞をマークして見せた。

 オールスターを挟んだ後半戦でややペースを落としたが29日の巨人戦(東京ドーム)で2安打をマークし、この時点で85打数35安打の月間打率.412。翌30日の巨人戦(東京ドーム)、7月最後の1試合で5打数無安打に終わって惜しくも月間打率4割超は逃したが、21試合でリーグトップの打率.389をマーク。同2位の田中広輔(広島)が打率.367なだけに、桑原の活躍ぶりは際立った。

 対抗は月間11本塁打を放ったバレンティン(ヤクルト)。ゲレーロ(中日)も打率.309、7本塁打と好調を維持したが、桑原は打率.389と同時に7月に6本塁打を放っており、打点も14。桑原の7月の長打率.678は、バレンティン、ゲレーロに次いでリーグ3位。単打だけでなく、試合を決める長打、殊勲打が多かった点も評価できるところだ。7月21日が24歳の誕生日だった桑原。自身初の月間MVPというプレゼントが、果たして届けられるだろうか。


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 21:41| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする