2017年08月19日

巨人 菅野緊急降板も自己最多タイ13勝目 マギー満塁弾

8/19(土) 16:49配信 スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人6―1DeNA(2017年8月19日 東京D)

 巨人がDeNAとの接戦に最後は5点差で勝利を収めて2連勝。借金を2に減らした。

 先発・菅野は8回、一塁ベースカバーへ走った際にアクシデント発生で緊急降板となったが、7回2/3回で101球を投げ8三振を奪う力投で3安打1失点。新人時代の2013年以来4年ぶりとなる自己最多タイの13勝目(5敗)をマークしている。

 巨人は0―1で迎えた5回、2死二、三塁から陽岱鋼が右翼線へ2点適時二塁打を放って2―1と逆転。7回には2死からマギーが右中間スタンドへ14号満塁アーチを叩き込んで6―1と突き放した。

 DeNAは3回に桑原が菅野から左翼スタンドへ特大の13号ソロを放って先制。先発・井納も6回まで4安打2失点と菅野と投手戦を繰り広げたが、7回に1死満塁としたところで降板。2番手・平田は陽岱鋼から空振り三振を奪って2死までこぎ着けたが、続くマギーにフルカウントからの8球目シュートを右中間スタンドへ運ばれた。井納は6回1/3を5安打5失点で7敗目(4勝)を喫している。

201708191.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 16:56| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

【巨人】菅野、8回に暴投で“7月初失点”も11勝目 防御率1点台に

7/29(土) 20:54配信 スポーツ報知

◆巨人5―1DeNA(29日・東京ドーム)

 巨人・菅野が8回7安打1失点でリーグトップの11勝を挙げた。防御率は1・99となり、7月は4戦4勝となった。

 8回1死一、三塁のピンチに暴投で1点を失い、7月に入り29イニング目で初の失点を許したが後続を抑えた。9回はマシソンが締めた。

 巨人は初回にDeNA先発の井納を攻略。2死一、二塁で村田の右中間適時二塁打で先制すると、亀井の一塁強襲の適時内野安打で加点。続く長野が右中間へ2点三塁打し、3連続適時打で一気に4点を挙げた。

 3回には阿部が6月18日のロッテ戦(東京ドーム)以来の本塁打となる11号ソロを放ち加点した。

posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 21:45| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

巨人ついに球団ワースト42年ぶり11連敗で5位転落 11戦11敗は球団初の屈辱

6/6(火) 21:33配信 スポニチアネックス

 ◇セパ交流戦 巨人5―8西武(2017年6月6日 メットライフ)

 負の連鎖が止まらない。不振にあえぐ巨人は6日、メットライフドームで行われた西武との交流戦に5―8で逆転負けを喫し、ついに11連敗で5位転落。2度の3点リードも守り切れず、球団唯一の最下位に終わった1975(昭50)年の球団ワーストに並んだ。42年前は1分けを挟んでの11連敗だったが、11戦11敗は球団史上初めてという屈辱となった。

 巨人は、下半身のコンディション不良のため開幕から2軍調整中だった陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が移籍後初昇格し「1番・中堅」で先発。その陽が3回、1死二、三塁から中前へ2点適時打を放って先制と幸先いいスタートを切り、4回にはマギーの二塁打から阿部の左前適時打で3点をリード。

 だが、先発投手のエース菅野が4回に4連打で2点を失い3―2と1点差に迫られると、打線が6回に2点を入れて再び5―2と3点をリードしながら、その裏に栗山にソロ本塁打を浴びるなど3点を失い、5―5と試合は振り出しに戻った。

 菅野は6回9安打5失点で降板。7回からマウンドには2番手・桜井が上がったが、3四球を与えて1死満塁のピンチを招き、ここで登板した3番手・西村もメヒアに四球を与えて押し出し。続く外崎の右犠飛でさらに加点され、この回はノーヒットで2点を失って逆転を許した。8回にはこの回から登板した4番手・森福が上位打線から2死を取りながら、ここで登板した5番手・田原が真ん中に投げた初球の直球を浅村に左翼スタンドへ運ばれ、終わってみれば3点差の敗戦となった。巨人は交流戦通算成績でも7連敗。こちらは2006年の8連敗以来11年ぶりとなった。

posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 14:57| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする