2016年06月04日

巨人・菅野、最後はヒヤヒヤも1カ月ぶり5勝目 防御率は12球団唯一の0点台

デイリースポーツ 6月3日(金)22時35分配信


 「交流戦、巨人5−4日本ハム」(3日、東京ドーム)

 巨人・菅野が5月5日の広島戦以来、約1カ月ぶりの5勝目を挙げ、チームを今季初の5連勝に導いた。4試合ぶりとなる白星に、お立ち台では「正直長かったですけど、気持ちだけ切らさずに、しっかり自分の仕事をするんだという気持ちを忘れずに、毎回マウンドに上がっています」と、安どの笑みを浮かべた。

 粘りの投球で7回7安打1失点。勝てなかった3試合は味方の援護に恵まれなかったが、この試合は5−1の状況でマウンドを降りた。しかし最後はヒヤヒヤだった。八回にマシソンがレアードに3ランを浴びて1点差に迫られると、九回は沢村が2死満塁のピンチを背負った。何とか無失点で切り抜け、菅野が勝ち星を手にした。

 マシソン、沢村とも5試合連続でマウンドに上がっている。菅野は「最後、沢村さんがしっかり締めてくれると思っていましたので。本当はきょう、最後まで投げて、リリーフ陣頑張ってたんで、休ませてあげたかったんですけど」と反省も口にした。

 今季は11試合目の登板で、防御率0・61。0点台は、12球団で菅野だけだ。「まだまだ良くなると自分自身に期待しているので、防御率も含めて、その他の数字でも圧倒できるように頑張っていきたい」と宣言した。


201606041.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 20:12| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

巨人 本拠地で虎に0―1完投完封負けは45年ぶり屈辱

スポニチアネックス 5月28日(土)7時28分配信


 ◇セ・リーグ 巨人0−1阪神(2016年5月27日 東京D)

 巨人が21日の中日戦から6連敗。チームの6連敗は07年7月以来で、7連敗まで伸びると、06年7月の9連敗以来となるがどうか。

 この日は岩貞の前にスコア0―1。阪神投手に0―1で完投完封を許すのは、同じくプロ初完封だった昨年5月20日(甲子園)の藤浪以来。本拠地では、71年7月15日(後楽園)に伊藤幸男に喫して以来45年ぶりの屈辱になった。


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 08:37| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

巨人不敗菅野で延長戦5連勝、8回0封に応えた

日刊スポーツ 5月21日(土)7時59分配信

<中日0−2巨人>◇20日◇ナゴヤドーム

 エースの不敗神話が、チームの連敗を止めた。巨人菅野智之投手(26)が8回無失点と好投。両チームゼロ行進で9回で決着がつかず、延長戦に突入したが、11回に暴投と大田の適時打で2点を奪った。菅野の登板試合では、9試合で5試合が延長戦。クオリティースタート(QS)率(6回以上で自責点3以内)は100%を誇る抜群の安定感で、9戦を7勝2分けと貯金を量産している。

 チームメートとハイタッチを重ね、菅野は白星の味をかみしめた。8回を投げ、6安打無失点。登板9試合目で5度目の延長戦を制し、自身の不敗神話を継続させた。「チームが勝って良かったです」。5奪三振で球団新記録の4試合連続2ケタ奪三振は逃したが、「0点に抑えるのが仕事」。チームの連敗を2で止めた結果が全てだった。

 中日バルデスとの息詰まる投手戦で1歩も譲らなかった。「久しぶりに苦しいピッチングだった」と振り返ったように、3回を除き、毎回走者を背負った。それでも、場面、自らのボールを冷静に分析。ビシエドも無安打に封じるなど、多彩な引き出しでゼロを刻んだ。今季のテーマに「圧倒」を掲げるが、投球スタイル同様に結果でも証明。9試合でQS率100%とチームに勝利を呼び込む。

 「エースの試合は全部勝たないと」。主将坂本が代弁するように、高橋監督も勝利のために動いた。体調不良での欠場を除き、不動の4番だったギャレットを6番に下げ、クルーズを4番に上げた。ルーキー重信を昇格即スタメンで使って、7番には大田を起用。「流れを変えることは必要だと思った」(高橋監督)。エース、監督の執念が延長戦で実を結んだ。

 連続適時打なしに終止符を打ったのは、その大田だった。延長11回、暴投で1点を先制し、なおも2死三塁。中前にはじき返し、チーム36イニングぶりの適時打を放った。

 大田 野球人として、一番ダメなプレーをしたので。自分を戒めたい。

 振り返ったのは9回無死一、三塁で、遊撃へのライナー性の打球をダイレクト捕球と自己判断。一塁に走らず、痛恨の併殺打で流れを断ち切った場面だった。「打つしかないので」。汚名返上の一打で、チームの延長戦不敗神話も8試合に継続させた。【久保賢吾】

 ▼巨人の今季延長戦は○○○△△△○○で5勝3分け。巨人が延長戦に無傷の5連勝は6連勝した02年以来だが、開幕から延長戦に8試合負けなしは○○○○△△△○の83年以来、33年ぶりだ。

 ▼この日の先発は菅野。今季は9試合で4勝の菅野だが、自身に白星のつかなかった5試合は3月31日DeNA戦、4月22日DeNA戦、同28日阪神戦、5月13日ヤクルト戦、同20日中日戦とすべて延長にもつれ込んでいる。

201605203.png



posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 08:40| Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする