2017年10月12日

【巨人】菅野、セでは村山実以来51年ぶりの「17勝以上&防御率1・60未満」

10/12(木) 7:51配信

 2017年ペナントレースはセ・パともにレギュラーシーズンの全日程が終了した。今年も様々な記録、快挙が達成された中、巨人・菅野智之投手(28)が安定感抜群の投球で球史に名を刻んだ。

 菅野は今季25登板、17勝5敗、防御率1・59で初の最多勝と3度目の最優秀防御率を獲得した。「17勝以上&防御率1・60未満」は、13年の田中将大(楽天=24勝0敗、防御率1・27)以来。セ・リーグでは66年の村山実(阪神=24勝9敗、防御率1・55)以来51年ぶりの快挙だった。

 菅野は25登板すべて先発し、セ最多の6完投(4完封)。7イニング以上投げたのが20度。うち17度が1失点以下だった。セ・リーグは昨年、今年と2年連続で2ケタ完投球団なし(最多は巨人の9)。リーグ合計34完投は08年セの41完投を下回り、2リーグ制後の両リーグ最少完投数だったが、そんな中で巨人のエースとして自己最多の187回1/3と長いイニングを投げてチームを支えた。

 4月下旬からは斎藤雅樹以来、球団28年ぶりの3試合連続完封勝利をマークし、防御率のタイトルは自身3度目。3度以上獲得は史上9人目。入団5年目までに3度獲得は56〜58年の稲尾和久(西鉄)以来59年ぶりで、セ・リーグでは初めて。入団5年で通算126登板、884回1/3を投げて通算防御率は2・18だ。


201710121.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 17:20| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: