2016年11月08日

【巨人】菅野、坂本、村田の3選手「三井ゴールデン・グラブ賞」受賞に喜び

2016年11月8日15時0分 スポーツ報知


 セ・パ両リーグの守備のスペシャリストに贈られる「第45回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が8日、発表された。

 巨人選手では、投手部門で菅野が2位の広島・野村祐輔(27)に82票の差をつける137票を集めて初受賞した。さらに坂本が遊撃手部門で初受賞した。

 また村田が三塁手部門で2年ぶり3度目の受賞となった。


 ◆セ・リーグ

▽投手 巨人・菅野智之(27)=初受賞

▽捕手 広島・石原慶幸(37)=初受賞

▽一塁手 DeNA・ホセ・ロペス(32)=3年ぶり2度目

▽二塁手 広島・菊池涼介(26)=4年連続4度目

▽三塁手 巨人・村田修一(35)=2年ぶり3度目

▽遊撃手 巨人・坂本勇人(27)=初受賞

▽外野手 広島・丸佳浩(27)=4年連続4度目

中日・大島洋平(30)=3年連続5度目

広島・鈴木誠也(22)=初受賞


 ◆パ・リーグ

▽投手 ロッテ・涌井秀章(30)=2年連続4度目

▽捕手 日本ハム・大野奨太(29)=初受賞

▽一塁手 日本ハム・中田翔(27)=2年連続2度目

▽二塁手 楽天・藤田一也(34)=2年ぶり3度目

▽三塁手 ソフトバンク・松田宣浩(33)=4年連続5度目

▽遊撃手 ソフトバンク・今宮健太(25)=4年連続4度目

▽外野手 西武・秋山翔吾(28)=2年連続3度目

日本ハム・陽岱鋼(29)=2年ぶり4度目

オリックス・糸井嘉男(35)=2年ぶり7度目

カッコ内は年齢。

 同賞は、全国の新聞、通信、放送各社の取材経験5年以上のプロ野球担当記者の投票で行われる。有効投票者数はセ265、パ248。選考基準は以下の通り。

 ▽投手 規定投球回(143イニング)に達しているか、チーム試合数の3分の1(47試合)以上の登板。

 ▽捕手 捕手としてチーム試合数の半分(71試合)以上出場。

 ▽内野手 1つのポジションでチーム試合数の半分以上出場。

 ▽外野手 外野手としてチーム試合数の半分以上出場。


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 18:28| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: