2017年04月26日

森福二軍落ちで総崩れ…巨人26億円FA補強“失敗の元凶”

日刊ゲンダイDIGITAL 4/25(火) 15:22配信

 大補強が崩壊した。

 FAでソフトバンクから移籍した巨人の森福允彦(30)が24日、出場選手登録を抹消された。今季はこれまで7試合に登板し、0勝2敗、防御率5.40。対右打者の被打率.389、変則左腕だけに抑えないといけない対左打者も.400では苦しい。勤続疲労が色濃い山口鉄に代わり、勝利の方程式入りが期待されたが、高橋監督に再調整を命じられた。

 巨人は昨オフ、この森福とともにDeNAから山口俊(29)、日本ハムからは陽岱鋼(30)を獲得。同一年に3人のFA選手と契約するのは史上初のことで、「空前の大補強」と騒がれた。が、山口俊と陽はすぐに肩と足の故障が発覚し、キャンプから二軍と三軍でくすぶったまま。いまだに一軍復帰のメドすら立っていない。森福の二軍落ちで、今季の目玉だった「FA3人衆」が誰も一軍にいないという異例の事態に陥った。

■OB高橋善正氏は「調査不足」を指摘

 ちなみに、3人の給料は陽の5年総額15億円超を筆頭に、山口俊が4年総額8億円、森福が2年総額3億円超で、しめて26億円超。こんなバカなカネの使い方もあるまい。

 巨人OBの評論家、高橋善正氏が呆れる。

「フロントの調査不足ですよ。山口俊は昨秋のクライマックスシリーズの登板を右肩痛で回避している。当然、事前に念入りに調べてしかるべきですが、春のキャンプのメンバーを発表した際、最初は二軍メンバーに入れながら、直前にリハビリ組の三軍に変更している。球団が本当の症状を把握していなかった証拠でしょう。陽岱鋼だってそうです。足の故障は、恐らく日本ハム時代からでしょう。13年に47盗塁でタイトルを獲得してから、盗塁数は20、14、5と目に見えて激減している」

 そうでなくてもこの3人、30億円の大枚をはたいてまで獲得するほどの選手ではない、という意見が当初からあった。

「陽はこれまで一度も3割をマークしておらず、山口俊は2ケタ勝利を挙げたのが11勝(5敗)をマークした昨年の一度だけ。森福だって最近は、セットアッパーというより、ワンポイントという役割しか与えられていなかった。3人ともに全盛期を過ぎているのは明らかで、フロントの『目利き』という点においても大いに疑問が残ります」(前出の高橋氏)

 実際、ソフトバンクの工藤監督は昨季、森福を主に対左打者限定のワンポイントで起用。15年に右打者に対し、・458と打ち込まれたことで、セットアッパーから“格下げ”されていた。

■「手段」が「目的」に

 そもそも昨年、巨人周辺では、首位広島の背中が遠くかすみ始めた夏場すぎから、陽や山口俊、森福とは違う名前が、オフのFA補強候補として取り沙汰されていた。

「西武の岸(現楽天)、オリックスの糸井(現阪神)を投打の目玉補強として狙っているという話でした。中日の大島、3年越しの恋人となる楽天の嶋の名前なども浮上しましたが、その時点でいずれも苦戦必至という見方があった。岸はFA権行使なら地元仙台の楽天が有力とされ、糸井も在阪球団希望という情報が流れていましたからね。大島の去就は折り合いの良くなかった落合GMの去就次第と流動的で、嶋は楽天が早くから残留を要請しているという事情がありました。そういう状況の中で、渡辺主筆のあの発言があったわけです」(球界関係者)

 昨年7月7日、高橋監督からシーズン前半戦の中間報告を受けた読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(90)は、その足で東京ドームでの阪神戦を観戦。0−6で完敗し、広島とのゲーム差が10に広がると、「これは由伸の責任じゃねえな。フロントだよ。補強してないんだから。こんな補強をせずに、今の陣容で勝てと言ったって無理だよ」と取り囲む報道陣に話したのだ。

「渡辺主筆にここまで言われたら、フロントとしては大補強に打って出ざるを得ません。はやりの言葉で言えば、渡辺発言を『忖度』した結果が、過去に例のないFA選手を3人も獲得するという球界史上初の大補強になったのではないか。本命候補の補強が不調に終わり、故障持ちの陽や山口俊に触手を伸ばしたのは、補強が『手段』ではなく『目的』になってしまったからですよ」(前出の球界関係者)

 なるべくしてなった、史上最“凶”の補強のようである。

posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 08:43| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菅野が広島完封雪辱 前回KOで首脳陣に伝えたこと

日刊スポーツ 4/26(水) 8:00配信

<広島0−1巨人>◇25日◇マツダスタジアム

 絶対エースが広島を踏みつぶした。巨人菅野智之投手(27)が、2試合連続の完封で首位攻防の初戦を制した。広島の強力打線を散発4安打に封じ込めて、リーグトップの3勝目をマーク。ケーシー・マギー内野手(34)の3号ソロで奪った虎の子の1点を守り抜いた。前回、本拠地で3連敗を喫した難敵との3連戦初戦で先勝。0・5ゲーム差に詰め、今日26日にも首位を奪取する。

 菅野がホームベースに背を向けた。1点リードの8回2死一塁。田中に中前打され一、二塁のピンチを招くと、ベンチから尾花投手コーチがマウンドに駆けてきた。内野陣の輪の中で、菅野は捕手の小林に「迷わず内を突っ込むぞ」と伝えた。次打者は菊池。「今日の感じなら、内角を張られていても強くはじき返せないなと」。見立て通りに初球の内角147キロで三直に仕留め、右拳を強く握りしめた。

 1人で投げ切るという強い意志は、ベンチにも伝わった。最終回は3者凡退で悠々と1点を守り抜いた。散発4安打116球で2試合連続の完封劇。昨季のリーグ覇者相手にプロ初となるスコア1−0での完封勝利。大仕事を爽快にやってのけたエースは「やってみたかった目標の1つ。すごく気持ちがいいです」と素直に喜んだ。

 2週間前の光景と対照的だった。11日の広島戦。同点の6回2死一、三塁で菊池を迎えたところで降板を告げられた。「投げ切りたかったのが本音。自分の中では田中を歩かせ、菊池で勝負と考えていたところだった」。首脳陣に前回の意図を伝えてから臨んでいた。この日は、ベンチに迷いすら与えなかった。8回にたった1度だけマウンドに向かった尾花投手コーチを「任せるしかない。フォークとカーブにさらに磨きがかかっていた」とうならせた。

 難敵対策もピタリとはまった。続投の判断材料は投球内容そのものになる。「初球をカーンとやられると流れが悪くなる。流れを見ながらうまく攻められた」と、ファーストストライクから積極的にスイングしてくる相手打線の勢いの芽をつんだ。

 反撃のすきを与えない完封勝利で広島に0・5ゲーム差と肉薄した。今日にも首位奪取の状況をつくり出し「初戦を取って、チームもいい流れで臨める。明日からも期待してください」と仲間に思いをつないだ。エースが弱らせたコイの尻尾はすぐそこにある。【為田聡史】

 ▼菅野が18日ヤクルト戦に続き2試合連続完封勝利。菅野の完封は通算6度目で、広島戦では初。スコア1−0完封はプロ入り初めてマークした。2試合連続完封勝利は昨年4月6日阪神戦、同13日ヤクルト戦以来2度目。連続完封を2年続けて記録した巨人の投手は94、95年斎藤雅以来、球団22年ぶりになる。次回登板ではセ・リーグで89年斎藤雅(巨人)以来となる3試合連続完封を狙う。

 ◆菅野の11日広島戦VTR 5回まで5安打無失点投球も、6回に5失点で途中交代となった。先頭の鈴木に左前打を許し、四球を挟んで味方野選から初失点。2死を奪うも代打小窪に2点適時三塁打を浴び、田中へ四球を与えた直後、菊池を迎えたところで交代。救援の谷岡が適時打2本を浴び5失点となった。

201704261.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 08:40| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

菅野セ界一番乗り完封 “地方の鬼”9戦7勝1敗「熊本が大好きに」

スポニチアネックス 4/19(水) 5:00配信

 地方の鬼だ!巨人・菅野智之投手(27)が18日、ヤクルト戦に先発し、9回3安打で今季初完封の2勝目を飾った。セ・リーグでは今季完封一番乗りで、自身5度目。プロ5年目で初めての熊本登板だったが、地方球場は相性良く、これで通算7勝1敗とした。11年ぶりの熊本で白星をもぎ取ったチームは5連敗した後に3連勝。首位・広島と3ゲーム差の3位だが、ここから再浮上を狙っていく。

 左翼に大きくせり出した天然記念物のクスノキがある。藤崎台県営野球場のシンボルだ。昨年4月の熊本地震で外壁は崩れたが、木の幹はびくともしなかった。3―0の9回2死から連打を浴びて一、三塁。投手陣の幹、エース菅野はマウンドにどっしり根を下ろした。

 「丁寧にコーナーをついていこうと思い、0点になった。低め低めといった結果」。最後の打者、雄平を中飛に打ち取り、今季セ・リーグ一番乗りの「完封劇」を完成させた。前回登板11日の広島戦(東京ドーム)は6回途中5失点だっただけに「ホッとしている。ケジメをつけられたのは良かった」と喜んだ。

 ヤクルト打線を3安打に封じ、球数は117球。自身5度目の完封は16年4月13日ヤクルト戦(神宮)以来、約1年ぶりで「最後までマウンドを守れてうれしい」と笑顔を見せた。地震直後の昨年4月、先発予定だった同地での巨人―中日戦が中止。それから熊本のファンにとっては初めてのプロ野球公式戦で、夢の2時間39分となった。

 この日が自身20球場目のマウンドだった。地方球場では通算9試合で7勝1敗で防御率1・75と無類の強さを誇る。球場に着くと練習前に、まずはマウンドに直行。何度も歩幅を確認して状態を確認した。強い下半身が制球力を支える。スタンスを大きく取り、腰を落として投げるため、地方特有の低く軟らかいマウンドにも対応できる。お立ち台では「熊本に来ること自体初めてだったが、熊本が大好きになりました」と声を上げた。まさに「地方の鬼」だ。

 「鬼将軍」と呼ばれたのは戦国武将・加藤清正。その鬼将軍が築城した熊本城のそば、熊本城公園内に球場はある。西郷隆盛が3倍の兵力で攻めても落とせなかった「難攻不落」の城のそばで、菅野が8回まで内野安打1本に抑え、「1番・山田」も4打数無安打に封じた。地震で甚大な被害を受けた天守閣は現在も復旧作業が進んでいる。

 「難攻不落」のエースが、チームを3連勝に導いた。5連敗で失った貯金も再び3とした。チームでの完投も一番乗りだ。高橋監督は「エースらしく、こちらが(継投を)考えることなく投げきってくれた」と評した。

 打撃でも2安打を放った。「ピッチングだけでなく、今年は打撃にも注目してください」と沸かせた菅野は「来週の広島に真っ向からぶつかっていきたい」と続けた。次なる登板では、首位の敵陣に乗り込んでいく。 (神田 佑)

 ≪3安打は完封試合での最少被安打≫菅野(巨)が3安打完封勝利。自身完封勝利は昨年4月13日ヤクルト戦以来通算5度目。被安打3本は15年5月19日阪神戦、前記ヤクルト戦での4安打を下回る完封試合での最少被安打になった。熊本は初登板だが、地方球場は9球場目。13年5月11日新潟で初勝利を挙げてから地方球場で7勝1敗、防御率1・75と抜群の成績を残している。

201704231.png


posted by 熱狂的ジャイアンツファン at 22:04| Comment(0) | 菅野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする